Brighton Language College (UK)ホームステイレポート

Brighton Language College
ホームステイレポート

ブライトンはイギリス人にとってのリゾート地。ゆったりした空気が漂いつつも、町にはかわいいお店やカフェ、レストランがたくさんあり、外国人の留学地としてもお勧めです。
また、ロンドンなどとは異なりバスの路線がわかりやすいのが特徴。
学校は町の中心に位置し、「パビリオン」の近くなので、道に迷ってもパビリオンを目指して帰れば簡単に学校まで戻れます。
ホームステイ先から学校までもバス通学が多いと思いますが、バスを乗りこなせると行動の幅が広がるので便利です。また、ロンドンまでは電車一本、1時間~2時間(電車による)です。

ホームステイ先の様子

ホームステイもレギュラーからエグゼクティブなどコースが選べますが、今回はエグゼクティブを体験。ホストファミリーが生活する母屋とは別に、はなれに建てられた棟で私たちは生活をさせてもらうことになりました。
私たちがステイしたお宅のお父さんはイギリス人。海外で建築会社を営み、病院や学校をつくっているそうです。お母さんは西アフリカ生まれで大学からイギリスに移住。子どもたちはレバノンのアメリカンスクールで育ちというインターナショナルなご家族でした。

ブライトンホームステイ
ホームステイはとても素敵なお宅でした!
ブライトンホームステイガーデニング
イギリスといえばガーデニング!

リフォームしたての新しい物件で、キッチン・シャワー・トイレつき一棟貸しなので、プライバシーがしっかり守られます。
「ホームステイはしてみたいけど、同じ屋根の下で他人と暮らすのは気を使うな・・・」という方にはぴったり。

冷蔵庫
冷蔵庫あります
独立洗面台
独立洗面台
バスタブ
シャワーつき
天井が高くて気持ちいい!旅の疲れもしっかりいやせます。
天井が高くて気持ちいい!旅の疲れもしっかりいやせます。

イギリスに行く前に、ホストファミリーのメールアドレスを学校からもらっていたので事前に連絡を取ると、すぐに返信があり、とても安心できました。学校までの行き方などを丁寧に説明してくれ、安心してバスで学校に通うことができました。

ホームステイ先での食事

これは家族によってバラバラだと思いますが、今回滞在させてもらった家族は夕食は一緒に食べ、交流を楽しみました。
手作りハンバーガーや、アフリカンな串肉、ピータッツバターシチュー、ラザニアなど。
日本食を喜んでくれ、日本のカレーや、そうめん、味噌汁の作り方を教えながら一緒に夕食を作ることもありました。(あまりの簡単さに驚いていました!)

滞在先のコテージには、パン・チーズ・牛乳・リンゴジュース・りんご・バターを用意してくれてあったので、ハムやレタスを買い足してサンドイッチを作り、朝食や学校に持っていくランチにしました。

また、私たちのほかに、ポーランドからの16歳が一人で滞在しました。
未成年者をあずかるホストファミリーは「帰宅確認義務」があるそうで、ただ単に住む場所を提供するだけではなく、安全を確認する責任を負っているということです。

親子・母子留学にもお勧めなブライトンのホームステイ

学校の授業は大人と子どもが別クラスで学びますが、親子でホームステイをすると、文化の異なる現地の人と料理をしながら交流したり、日々のおしゃべりを楽しんだり、親子で共に共通の体験を持ち、共に学ぶことができるというのが親子留学・母子留学のメリットです。

ブライトンの町は広すぎず、でも見どころも多い魅力的な場所です。
海辺で海水浴、遊園地、水族館、新しくできたばかりのタワー、素敵な店が並ぶ小道、公園。子どもの学校が終わるまで過ごして待つのにも飽きることはありません。
ランチはレストランでは5ポンドくらいから食べることもできますが、スーパーで買ったサンドイッチを公園やビーチで食べるのも楽しいのでオススメです!
公園もいくつかあり、水遊びができる噴水や、小さい子向けの遊具、スケートボード場、スケートボードレッスンやスイミングができる施設も近くにあります。


子どもコースのレポートはこちら
Brighton Language College 大人コースの様子はこちら

お問い合わせ・お申し込み