スペイン公立大学「UPV」へ進学するための語学学校(バレンシア州ガンディア)

UPVのキャンパス

2021/10月更新

UPV(バレンシア・ポリテクニク大学)の語学学校

UPVはバレンシアにある公立の工科大学 です。この大学はエンジニアリングの分野で定評があり、「TOP University」というランキングでも高い評価を得ています。

1.UPVの語学学校

  • UPVはバレンシアにある公立の工科大学
  • 語学学校はUPVが運営する大学付属の学校
  • 日本人スタッフの常駐はなし。大学のスタッフは英語対応可能
  • 1クラス最大25名・1時間60分
  • A1からB2レベルまで同じクラスで学ぶ
  • 日本の高校卒業以上の方が対象
  • UPVの大学生やヨーロッパ諸国からの学生と交流の機会あり
  • UPV大学の施設は利用可能(ジム、図書館、カフェなど)
  • UPV大学生によるサッカーチームなどに参加可能
  • 所在地:Gandia(ガンディア)ーバレンシア市内から電車で1時間
  • 留学生主国籍:中国、インド、モロッコ、レバノンなど約80名 ※コロナ禍では減少

2.UPVの語学学校レッスン特徴

  • 通常は10月スタート。10月にどうしても間に合わない場合は1月スタートも可能
  • 1クラス最大25名
  • 1レッスン60分
  • コースの途中で行われるテストを受け、B1レベルの取得を目指す
    ※DELEの受験は必須ではありません。大学がB1レベルに達するようにフォローします。
  • 「授業の出席率は80%以上」は必須条件
  • 通常の語学学校のようなレベル分けはなく、色々なレベルの人が一緒に学ぶスタイルです。
    ただし、その人のレベルに合わせて先生がうまく対応してくれます。
  • 日本人スタッフ常駐はなし
    ※大学のスタッフは英語が話せます。英語のコミュニケーションが難しい人で、どうしても必要な場合はGo Globalが間に入ってサポートします。

語学学校費用(2021年度実績)

登録費用 550ユーロ
授業料:
10月スタート 10000ユーロ
1月スタート     8000ユーロ
※航空券・消費税・外貨送金手数料は別途必要です。
※2022年度の費用は変更になる可能性があります。

滞在方法

シェアアパートで生活をします。ホストファミリー制度はありません。
※月400~500ユーロ。光熱費込みであることがほとんどです。
初期費用はなく、学校から紹介してもらえます。

UPV大学・大学院への進学

UPVの付属語学学校に行けば、出席率80%、きちんと勉強していれば、大学の入学試験なしで大学人進学できます。

学費は約13万円~。これは前期・後期をあわせた通年の学費です。
語学学校は少しかかりますが、大学4年でかかる費用は13万円×4年分。
学部によって学費は若干異なりますので、以下ページをご覧ください。
大学院にも行けますが、大学院は~2500ユーロ(年)と、費用は異なります。

スペインの公立大学へ行こう!試験なし・学費13万円(年)~