試験なし・学費13万円(年)でスペインの公立大学に行こう!

スペインのバレンシアにあるUPVという大学は、附属語学学校でスペイン語を勉強し、B1〜B2レベルをとると【入試なし】で大学に行けます
しかも学費は1年13万円~(1ユーロ130円換算)

「そんなおいしい話があるの?」と思われた方のために、詳しくご説明します。

神戸大、千葉大よりもレベルの高いUPV

安く行けるからと言って、どんな大学でもよいという事ではありませんよね。
UPVはテクノロジー分野に長けた学校で、スペイン女王が視察に来るほど注目を集める大学です。

上記はGo Global坂口が視察に行った日に撮ったもの。ラッキーでした!
Go Globalアメブロの視察記事もご参考に

「TOP University」というランキングによると、UPVは世界で319位。

日本の大学と比べてみましょう。
319位というと、筑波大学より少し下。
広島大学や神戸大学、千葉大学などの国立大より上に位置しています。

このレベルの高い学校に、スペイン語力だけで入れるのですからチャレンジしない手はありません。

住所:Camí de Vera, s/n, 46022 València, Valencia, スペイン
Webサイト:http://www.upv.es/en

UPVの学費が年13万円と安い理由

なぜこんなにいい学校に、こんな良い条件で行けるのか?と疑問に感じるかもしれません。

日本でも「留学生枠」がありますが、要はこの制度を使って進学するということです。
留学生枠は通常の学生とは別の入学基準が設けられていることがあります。
UPVもこのような制度があり、限られた学部ではありますが、スペイン語がB1~B2レベルさえあると入学が認められるのです。

また、UPVは公立の大学・大学院。
そのため、この学校に通う学生は、国からの補助が受けられるのです。
外国人も対象ということで、ありがたいですね!

UPVの学費

2021年度のものですが、UPVのWebサイトより学費を確認することができます

例えば「観光学(ツーリズム)」は985ユーロなので、1ユーロ130円とすると約13万円!

ーーー

2020年から2021年の学年度では、これらは最初の通年の登録のための学費の目安となる金額です。
観光学の学位(16.41ユーロ/クレジット):985ユーロ。
観光+経営管理のダブルディグリー(16.41ユーロ/クレジット):1,157ユーロ。
ダブルディグリー視聴覚コミュニケーション+テレコムシステム、サウンドおよびイメージ:1,345ユーロ。
視聴覚コミュニケーションの学位(14.96ユーロ/クレジット):898ユーロ。
電気通信、音響および画像システムの工学の学位/環境科学の学位/インタラクティブテクノロジーの学位(20.27ユーロ/クレジット):1,216ユーロ。
ダブルディグリー環境科学+工学 林業と自然環境:1,429ユーロ。

マスター(39.27ユーロ/クレジット):2,356ユーロ。(修士課程の費用:212.07ユーロ)
この費用は、スペイン人であれ外国人であれ、すべての人に同じように適用されます

ーーー
赤字の部分が注目ポイント!
外国人も学費が安くなるのは他の国でもありますが、近年その制度も少なくなってきました。

試験なしでいける学部

・ビジネスアドミニストレーション&マネジメント
・ツーリズム
・ケミカルエンジニアリング
・テクニカルアーキテクチャ
・エレクトリカル エンジニアリング
・パブリックワークス エンジニアリング
・アグリカルチャー&バイオロジカル エンジニアリング(農業と物理分野のエンジニアリング)
・エンバイロメンタルサイエンス(環境科学)
・フォレスト&エンバイロメンタル エンジニアリング(森林と環境分野のエンジニアリング)
・ジオマティック&サーベイング エンジニアリング(地学と調査分野のエンジニアリング)
・テレコミュニーションシステム、サウンド&イメージ エンジニアリング

大学院は2500~5000ユーロで、以下のようなコースがあります。

大学院

※2021年度の語学学校パンフレット2021Habloより
Hablo EducationはUPV語学学校部門のマーケティングをしている組織です。

2021年1月から留学した方がテレビ局の取材をうけました!

2021年1月から語学学校に進み、9月から大学生になったKさん。
日本ですでに大学に通っておられましたが、スペインに行った方が良いと判断されました。
無事に大学生として、現地の生活を楽しんでおられるようです!
現地テレビ局も、「日本人から来た留学生」として取材にきました。
※左側がKさんです。

Kさんのインスタもご覧ください!

【10末締切】語学学校費用が半額に!2021年10月月末までのキャンペーン

大学進学するには、大学付属の語学学校に通う必要があります。
2022年は1月からのインテンシブコースがはじまります。
通常10000ユーロですが、2021年10月末までの申込みなら5500ユーロに!
なんと45%オフという、めったにないキャンペーンです。
※お支払いは11月以降でも大丈夫です

留学までのスケジュール

語学学校のスタートが2022年は1月10日からとなります。
語学学校に進むための申込み期限は10月末まで。
お支払いは11月になってもかまいません。
申込みが済んだら学校から入学許可証がでますので、高校卒業証明などを入手し、ビザの申請を行います。

年内にすべての手続きを済ませ、1月に渡航!
大学は2022年9月からスタートです。

時間はあまりありませんが、夏休みは2カ月ありますから、持ち物はとりあえず最低限でもよいでしょう。

注意点

・スペインの長期ビザは代行できないため、ご自身で大使館などとやりとりする必要があります。
・高校卒業の証明などが必要になります。

よくある質問

1.どんなところに滞在するのですか?

→シェアアパートで生活するのが通常です。物件によりますが、350-500ユーロ(月)ぐらいです。

2.スペイン語がB1レベルに達しない場合はどうなるのですか?

→ふつうに勉強していれば達成できるレベルではあります。出席率は80%必要ですので、ちゃんと出席してスペイン語で生活しようと頑張っていれば大丈夫。
多少の不足は大学進学時に大学が補ってくれます。

3.スペイン語力がゼロですが、初心者でも行けますか?

→はい。頑張っていただく必要はありますが初心者の方でも行けます。とはいえ、出国までに基本的な文法などは学んでいただきたく、安価にマンツーマン講師をご紹介しています。

4.バレンシアの治安はどうですか?

→スペインと言えば、マドリッド、バルセロナが有名ですが、続いて大きな都市がバレンシアと言えるでしょう。それほど規模は大きくありませんが、街中はショッピングセンターや娯楽施設も多く、海にも山にもほど近い、大変素敵な場所です。
観光客がバルセロナ等に比べて少ないため、スリなどの発生率も比較的低く、一人で街を歩いていても安心感があります。物価も安いため、長期留学には最適な場所と言えるでしょう。

こんな人にぜひ検討してほしい!

・日本の大学は学費が高いので進学/卒業を迷っている
・日本の大学に進学したが、思ったのと違う/全然勉強していないのでこれで良いのかと悩む
・大学に行きたかったけど行かなかった。今になって後悔している
・大学を中退してしまったけど、やりなおしたい

対象となるのは、これから大学進学する高校生の方だけではありません。
現に、2021年に留学した方は、日本の大学ですでに学んでおられましたが、「スペインに行った方がいい」と考え、日本の大学をやめて留学を決意されました。

また、社会人が大学、大学院に行くのも、海外を見ればよくあることです。

いずれも、お金の問題がネックになりがちですが、5年通っても学費が150万円で済むのなら、現実的ではないでしょうか。

しかし2022年度の申込みは10月末まで!
もう時間がありませんので、興味のある方はまず問合せ下さい。
その後、現地の責任者とオンラインでおつなぎして確認をしていただけます。

→問合せはこちらから