マルタサマースクール(お子さま一人での留学)

FavoriteLoadingお気に入りページ登録(右サイドバーに一覧表示)

Easy School(マルタ)のジュニアコース

マルタへ子供一人での渡航もOK!

保護者の方がお子様に同伴する「親子留学」ではなく、お子様一人で渡航して留学するということも可能です。国によっては未成年者の単独入国が禁じられているところもありますが、マルタ共和国の法律では問題ありません。
とはいえ、幼いお子様を一人海外に行かせることは保護者の方も不安でしょう。
そんなときは航空会社の「アナカンサービス」を利用し、航空会社にお子様の安全をしっかり守ってもらいましょう。

コース概要

対象年齢:11-17歳
日程:7/2~8/27 (2017年度)
1クラス人数:最大15名
レッスン:週20レッスン
場所:マルタ  St Paul’s Bay(セントポールズベイ)
料金:1週間 595ユーロ(約7万円) ※2016/11/18現在 1ユーロ117円
料金に含まれるもの:登録料・レッスン料・宿泊料・3食・ウェルカムパーティ・教材費・毎日のアクティビティ参加費用・修了証・24時間管理監督・空港送迎寮
※初日にデポジット50ユーロが必要ですが、何事もなければ帰国時に返金されます。必ず帰国日にフロントで返金手続きをしてください。

コースが開かれる場所
junior-school_mosta2

クラス分けテストがあるので、英語初心者のお子様でもご安心ください。
placement-test-in-mosta

毎日様々なアクティビティがあり、費用はコース料金に含まれています。
junior-students_splash-and-fun-water-park

ビーチでカードゲームなんてマルタならでは!
palying-cards

Easy School of Languageがお勧めな理由

Easy Schoolお勧め理由① 親切な日本人スタッフがいる

2016年11月現在、こちらの学校には「高橋さん」というスタッフの方がおられます。
大変丁寧に対応をしてくださり、留学に来たお子様がどう過ごしているか、ホームシックにかかっていないかなど、細かい気配りをしてくれます。
ずっと付き添っているわけではありませんが、お子様が困ったことがあるときは、日本語ですぐ相談できるので、日本語が必要な場合にはスタッフに「アキコ」(高橋さんのお名前)を伝えれば、高橋さんが電話でお話をくださったり、緊急事態の場合は状況に応じて駆けつけてくれます。

ジュニアコースのスタッフは子どもたちと共に過ごし、24時間管理監督をしてくれます。english-lesson-in-marsascala

(2016年夏に11歳の女の子がエミレーツのアナカンサービスを利用して1か月参加されたそうですが、日本人はもちろん、アジア人が一人もおらず、最初は戸惑って1週間ほどホームシックになったのだとか。
高橋さんが学校や滞在先に出向いて様子を見ていると、2週目からはシェアメイトとも仲良くなり、マルタを発つ時には同級生たちと笑顔でお別れをされたそうです。
「英語やコミュニケーション能力はもちろん、心身共に成長をされたご様子に感激した」と高橋さんはお話してくれました。)

Easy Schoolお勧め理由② アジア人の少ない環境

オーストラリアやカナダなどと比べ、マルタでのアジア人割合はそう多くはありません。
上述の通り、2016年夏にEasy School of Language ジュニアコースに通ったアジア人は11歳の彼女一人だったそうです。

students-on-activity
最近はマルタがテレビで取り上げられることも多くなり、大人がマルタに行く割合は増えてきていると思いますが、サマースクールはまだそれほど注目されていないようです。

Easy Schoolお勧め理由③ 中規模でアットホームな雰囲気

サマースクールは大規模な学校で開催されることが多いですが、こちらの学校は経営者の顔が見えるサイズで、私たち代理店の声にも耳を傾けてくれるような学校です。
運営している人の人柄が見えるところでないと、何かあったときの対応に不安が残ります。
大人であれば自分の判断で行動できますが、お子様の場合はそうはいきません。

宿泊施設のレストラン
bella-vista-restaurant

宿泊施設外観
bella-vista-residence

数名でシェアする寝室
bellavista-hotel-st-pauls-bay_quad-bedroom

お問い合わせ/お申し込みはこちらから
よくあるご質問
留学までの手続きの流れ
マルタ親子留学中のお客様から現地レポート!

幼い子供に英語教育は必要?

大人になると「L」と「R」を聞き分けることができませんが、幼い子供は発音の細かな違いをきちんと聞き取れるのです。2歳ごろまでは世界に存在する、すべての音を聞き分けられるのだそうですが、だんだん母国語にはない音をそぎ落としていくのだとか。
以下、「スキャモンの発達曲線」を見ると、8歳までの成長は右肩上がりです。

子供の将来を案ずるなら、広い世界で可能性を試すことができるように育ててあげることが重要ではないでしょうか。英語が話せれば社会人になってからの年収額も大幅にアップします。もちろん、英語だけでなく、将来的には色々な言語に興味をもってくれるかもしれません。

セブではマンツーマンレッスンですので「英語力アップ」が目的の留学となりますが、イギリス・マルタはグループレッスンですので、英語力のみならず「グローバル人材」としての教育にも最適です。イギリスはセブ・マルタに比べると高く感じますが、教育レベルとしてはやはりイギリスが高いと言えます。 → 幼い子どもに英語教育って必要?

お子様の留学は「英語にふれあう環境づくり」

子供と一緒に学ぶことは、子供にとっても大変よい影響を与えます。できれば「間違えると恥ずかしい」という感情が生まれないうちに、異文化にふれあうといいですね。世界には自分とは違う価値観の人がいること、日本がどれほど恵まれた環境かということなども理解でき、かつ、世界を身近に感じながら育つので、将来グローバルに活躍する人材に育ってくれる事でしょう。


お問い合わせ/お申し込みはこちらから