英語の「なまり」について

FavoriteLoadingお気に入りページ登録(右サイドバーに一覧表示)

フィリピン人の英語


英語はフィリピンの公用語ではありますが、現地の人は「タガログ語」という言語を話します。
ただし、学校教育はすべて英語。テレビで放映される映画やアメリカ・イギリスのニュース番組も、吹き替えなどはありません。

イギリス人から見ればアメリカの英語はなまっている、といいます。
フィリピン人の英語に特徴はあるかもしれませんが、それは短期留学される方が気にすることはないと思います。

若い世代になるほど英語が流暢です。年配の方や学校に行っていない人も中にはいますので、そういう人は英語が話せないことももちろんあります。そういう意味では、欧米と同じとは言えませんが、学校で勉強する分には問題ないと言えます。

学校視察の際に、学校の先生にメッセージをいただいてきました。実際にお会いしてきた講師の方々は、きれいな発音で話しています。「とはいえ心配・・・」という方は、ぜひ当ページ動画をご覧ください。