マルタ留学体験談 Easy School of Language(イージースクール) 森様(社会人留学・2週間)

FavoriteLoadingお気に入りページ登録(右サイドバーに一覧表示)

マルタ留学基本情報

  • 社会人留学年代: 45-50歳
  • 2017/10/18〜10/28
  • 学校: Easy School of Language
  • レッスン: 一般英会話午前&午後
  • 滞在: シェアアパート(寮)
  • フライト: 往復 エミレーツ
  • フライト代: 約12万円
  • レート: 1ユーロ134.31円(みずほ銀行TTSレート)
  • かかった費用: 約12万円(833ユーロ・レッスン料滞在費の価格)
    ※お小遣い・航空券を含めると約30万円
  • 持参した現金:日本円で6万円・米ドル70ドル。足りなくなったら現地にてクレジットカードのキャッシング。
  • 両替の場所:日本での両替はなし。現地に到着したのが日曜日だったため、空港の両替が開いておらず、アパート近くのATMでキャッシングを利用。
  • クレジットカード:買い物では使いませんでしたが、キャッシングするのに使いました

英語ができれば「人生の選択肢が増える」

英語でメールや電話会議がある金融の仕事

仕事ではそれほど「会話力」は求められないものの、メールは頻繁に英語を使いますし、電話会議も英語で行われることがあります。入社当初は英語が不要な部署だったのですが、だんだんと英語が必要な仕事が増えてきています。英語ができれば仕事の幅も広がるということで、英語学習の必要性は身にしみて感じています。
もちろんプライベートの楽しみもあります。例えばいつか世界一周旅行をしたいと思ったら、英語ができれば訪れる先々でお友達ができるでしょうし、定年してから子どもに英会話を教えられるかもしれません。
英語ができるということは、仕事・プライベートに関わらず、「選択肢が増える」ということ。人生一度きりですから、いろんなことにチャレンジできる人生のほうが楽しいですよね!

有給をとって定期的に短期留学

英会話スクールBEGIN社長の加藤いづみさん(右)と。

日ごろは「初心者専門マンツーマン英会話スクールビギン」で先生を紹介していただいて週1回のレッスンを受けています。3年前にビギンをはじめる前、TOEICのスコアは目標500に対して現実は290。頑張って400半ばまで上げましたが、一人で勉強していたのではこれが限界と感じました。
ビギンで紹介してもらった先生に相談すると、とにかく音読をしてリスニングを伸ばすという戦略に。これが功を奏してか、ビギンで勉強し始めて数か月で510点をとり、楽々目標をクリアしたのです!
以来、日々の勉強に加えて「有給がとれれば短期留学」を実践しています。
前回は1週間セブに留学をしたのですが、今年はどこか別のところに行ってみようと思っていたところ、ビギンのメルマガで「マルタ留学」を知り、今年はGo Globalさんが紹介しているマルタに留学してみようと決意しました。

Easy School of Languageに留学

私が通ったEasy School of Languageは、マルタの首都バレッタにある学校です。クラスメイトはポーランド・ドイツ・トルコ・フランス・スイスなど様々な国籍の方がおられ、20代から70代までと幅広い年代の方と同じクラスになりました。同じ日に入学した日本人は5名ほどでした。

学校入り口の前
学校建物前の通りは石畳の階段

最初は午前中のみのレッスンだったのですが、去年行ったセブ留学では朝から晩まで英語漬けだったので、何となく物足りないかんじ。マルタでももっとレッスンを受けたい!と、午後のクラスを急きょ追加することにしました。ヨーロッパの人たちは半分バカンス目的で来ている人も多いので、「熱心ね~」とビックリされました。(笑)

学校の廊下から一階を見た光景
1階から見上げると吹き抜けの先に青空が。

初日にクラス分けテストがあるのですが、文法はかなりカンタンに感じました。do と doesの違いなどは、たぶん日本人なら多くの人が理解しているレベルだと思います。先生から「毎週木曜にレベルアップテストがあるから受けてみれば?」と勧められましたが、会話力的には合っているかと感じたので、テストは受けませんでした。そのかわり、先生が文法の質問をしたら真っ先に正解を答えるなど、なるべく会話の練習ができるように工夫をしながらレッスンを受講しました。

快適なシェアアパートでドイツ人とシェア

アパートの入り口。6階建てのビルでした
お部屋は十分な広さ

空港に到着すると、出口にお迎えの人が待っていてくれていました。ドライバーは学校のスタッフというわけではなく、提携しているドライバーさんだそうなので、学校のことを色々聞いてもあまりわからないようでした。
鍵を受け取り、アパートに入ります。鍵一つとっても日本と違うので最初から戸惑いましたが、何とか開けることができました!リビングもお部屋も広々していて、設備もそろっています。洗濯機などは日本のものと違うのでこれも使い方に悩みましたが、シェアメイトに教えてもらいながら少しずつ現地の生活に慣れていきました。

お部屋はドイツ人の方とシェア。広々したお部屋でとても快適でした。トイレの水圧は少々弱かったですが、気になるシャワーの水圧はGood! バスタブもあって日本人にはうれしいポイントです。(坂口:他のアパートはバスタブのないところも多いようです)
私が留学したのは10月半ば~末で、まだまだ日中は夏の暑さ。しかし朝晩は冷え込むこともあり、お部屋はちょっと寒いと感じることもありました。

自炊をすれば食費はかなりおさえられる

ホームステイをしているクラスメイトもいましたが、マルタの家庭料理は結構質素な様子。夕食にパスタがどんっと出ることが多いようで、「野菜不足だ~(涙)」と訴えていました。
その点アパートシェア生活は快適です!マルタはパンやハムも安いので、チーズなども購入してサンドイッチをつくったり。キッチンが充実しているので夕食もほとんど自炊しましたから、食費はほとんどかかりませんでした。

ゆったりとしたマルタの生活

学校までは毎日地中海をフェリーで渡って通学しました。バスより早いですし、なにより世界遺産バレッタの街を一望しながらの通学は毎日の楽しみに。先に来ていたシェアメイトに教えてもらい、1週間の回数券を購入しました。

世界遺産のバレッタ(マルタの首都)

町の人は皆さん親切で、困って質問するととても優しく教えてくれました。治安に関する不安もなく、安心して過ごせる国です。しかし、どこの国でもありますが、スリは周りでも被害に遭った人がいました。日本ならポケットに財布を入れたままで歩いても大丈夫でしょうが、海外ならそうはいきません。留学に限らず海外旅行で必要な最低限の注意をしていれば、マルタは大丈夫だと思います。

海外なら友達との会話も勉強になる

マルタに来てヨーロッパ方面での友達ができたことはとてもうれしい出来事でした。日本では出会えない人々との出会いがあり、一人で勉強するよりも、周りとのコミュニケーションから学ぶことは多いなと感じました。出会った友達とは帰国後もメッセンジャーでやりとりをつづけていますので、またどこかで会いたいなと思っています。

セブ留学との比較

去年はセブに行ったのですが、朝9時から18時まで「英語漬け」という感じの毎日でした。「TOEICのスコアをあげたい」というように、「学力強化」が一番の目的の方ならセブがよいかもしれません。マルタはどちらかというとのんびり文化や生活を楽しみつつ勉強するという感じで、遊びと学びが50%ずつというところでしょうか。観光&勉強という人にはマルタが向いていそうです。

マルタの国籍比は前述の通りヨーロッパ各国を中心とした多国籍ですが、セブは日本人が半分、あとは台湾やベトナムの方、少数派ですが中国の方などもいらっしゃいました。セブの学校では若い人が多いですね。私は若い人と一緒に勉強したり生活するのを楽しめるタイプなので、とても楽しく過ごしました!みなさんとにかく必死で勉強されています。

留学エージェントGo Globalについて

申し込んだのが出発の1ヶ月を切っていて期間が短かったのですが、迅速・丁寧な対応を頂きました。また、現地へ到着してからもいろいろと情報を提供して下さり、とても信頼できるエージェントだと思いました。

おまけ~マルタのかわいい猫ちゃんたち♡

美しい地中海の夕焼け1
美しい地中海の夕焼け2

ますますモチベーションがあがった短期留学

観光も存分に楽しんだ留学でしたが、帰国してからもマルタで知り合った友人と連絡を取り合うなど、行く前に比べてモチベーションが各段にアップしました!もっと勉強して色々な国の人と友達になりたい、コミュニケーションをしたいという気持ちが強くなり、これからも英会話BEGINでのレッスンを頑張って、また来年も短期留学を実現したいと今から計画しています。(笑)

【参考】
※ 初心者専門マンツーマン英会話スクールビギン
英語が苦手、基礎からやり直したいという初心者の方を対象とした、初心者専門のマンツーマン英会話スクール。プロ日本人講師が、お一人ひとりのレベル、ニーズにあわせ、レッスン内容と学習法を丁寧にサポートします。マンツーマンレッスンが60分2500円で都度払い、東京/神奈川/埼玉/千葉の300駅以上から場所やスケジュールを選べるので、初心者の方でも無理なく楽しく続けられると好評です。3000名以上のサポート実績あり。